スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女伝説 2011年09月30日 日常





お孫たちは、私を魔女だと思っています

私から生まれた娘たちのことも魔女だと思っています

いえ、正確には、そうやって脅しています

そして、お冨ちゃんは最強の魔女だと教え込んであります





最強の魔女がお孫に写メールをくれました



○○ちゃんへ

おばちゃんは魔女ですが、夜になると時々、角が出てきます

はい、お孫はひきつっておりました(笑)

16_20110930170550.jpg 






ただいま、ヘロヘロの魔女は、本日、美味しい珈琲を飲んで「ひとり時間」を満喫

17_20110930170550.jpg 






スポンサーサイト

(゜o゜)ゲッ!! 2011年09月29日 日常






お孫たちね、9月中は我が家に居る予定で・・・

わたしはね、一応ね、まぁ、もうちっと居てもいいかな~と婆心もありつつ、内心楽しみにしてました、明日を・・・






「おれたち、まだ帰らんしっ!!10月13日まで居るしっ!!」って・・・

は?なぜに10月13日?

いやです、それは長すぎます





君たち中心の生活はf(^^;) タイヘンナンデスカラ、モゥ~

1_20110929222144.jpg 

2_20110929222144.jpg 

3_20110929222144.jpg 



ばばんちのまみぃ、1号&2号で手一杯で、3号をあまりかまえてません(x_x;)

4_20110929222144.jpg 




世界の中心でワガママ言いたい私が、この2年近く自分以外の事を中心にしてきたわけで・・・

ぼちぼち、勘弁してくれんか?








わたし時間 2011年09月28日 日常






お孫たち、今日は6時間授業、午後4時まで帰ってきません・・・むふっ。。

ひっさびさの「わたし時間」


1_20110928215909.jpg




お供してくれて、ありがとねっ!

2_20110928215909.jpg 



午後のひととき、ちょいと我を忘れて遊んでもらって癒されて・・・

3_20110928215908.jpg 


なんかね、ひさびさにシャバに出た感じよ、わたし・・・

また会いに行くけぇ、遊んでねぇ~~







現実に引き戻された夕方・・・

スネて宿題放棄した2号と沈黙の闘い

あ、、、、、でも、この2週間で子育て再来にも慣れてきました









ふぅ~~ 2011年09月27日 日常





「まみぃっていいよね、宿題ないしさぁ~~」

と、しぶしぶ宿題をしながら1号が言いやがりました



「なんだと~っ!」

「まみぃはご飯作って、洗濯して、掃除して・・・あんたにできるんねっ?!」

と、わたしに反撃くらって(__)/'チーンな1号





お買い物の量もね、ハンパないわけで・・・

大人並みに食べるお孫たち含め6人分、うち4人が男なわけで・・・

とりわけ、婿なんぞ、めっちゃ食べるわけで・・・

毎日、普段の3倍のお買い物

また五十肩が再燃しそうじゃぁぁ~~

14_20110927153054.jpg 

15_20110927153054.jpg 




とはいえ、まぁね、少しでも美味しいもんを食べさせてやろうってのが親心・・・

娘の実家って、ほんまにお金かかるんですよね

怖ろしくて、今月の食費は計算できません(~_~;)

気力も体力も必要なんですよね

私もそうだったんですね

ありがたや、ありがたや






脳活性?? 2011年09月26日 日常





1年生の宿題

「本読み(音読)」「けいさんカード」「プリント」

1_20110926225743.jpg 

2_20110926230903.jpg  

4_20110926225742.jpg 



宿題、ばばんちのまみぃは付き合って◎をつけられるように頑張らせているわけじゃけど・・・

途中でスネたりウロウロしたり、ほんまにも~~~~~~っな日々

3_20110926225743.jpg 


ヒスで脳が活性化しそうじゃ~~~

これに3年生の宿題を見なくちゃいけないわけで・・・

ほんま、子育て中の方の大変さ、身に沁みてわかりますです

私は娘2人育てましたが、宿題をさせるのにこんなに手こずったこたぁ~ないと記憶しとります

っちゅうか、私も子育てしながら働いてたわけで・・・・・ようやってきたわ!と感心したり(笑)




なんたって、お孫達10分も机についとられんってのが信じられん!!







粛々と・・・ 2011年09月25日 日常





朝早く、お墓掃除をしてお花を供えました

1_20110925221845.jpg 



本日、母の納骨です

5_20110925221845.jpg 



夫が母のお骨を父のお骨の隣に並ぶように入れました

「おじいちゃん、こんにちは~~」と、父の顔を知らないお孫たちが父の骨壷に挨拶

2_20110925221845.jpg 




「ありがとう」についてお話をしてくださいました

『有り難い』

『有ることを欲しても、なかなか困難で実際には少なく、有ってほしいと望んでも有ることは稀であって、

この稀なことを、喜び尊ぶ気持ちが「ありがたい」という感謝の意に移り、

今日私たちが使う「ありがとう」という言葉になったそうです

今日生かされてる事を当たり前と思わず、感謝を忘れないように・・・と

お孫たちには「ありがとうって言葉をたくさん言うんだよ」と、わかりやすく・・・

3_20110925221845.jpg 



また同じところで会いましょう

4_20110925221845.jpg 





そして・・・・・・・・

今日は・・・


餃子屋さんかっ!!

6_20110925221844.jpg 



みんな揃って、食卓を囲めることも、実は有り難いことなんじゃね・・・

わかっちゃいるんだけどさ、、、、、

現実は、なかなかね・・・ぶち大変でございます(^^ゞ







あのね・・・ 2011年09月24日 日常





ママが消しゴムハンコ作って、ボクの洋服にペッタンしてくれたよ

それでね、今日はそれを着てお家に帰るんだよ

2_20110924222643.jpg 

1_20110924222643.jpg 



じじとお兄ちゃんがお迎えに来てくれたよ

4_20110924222643.jpg 



お風呂上りのお兄ちゃんたち、ずっとボクのとこにいるよ

5_20110924222642.jpg 



本日母子ともに退院しました

最近の産院って、ほんまに素晴らしいです

生まれた瞬間、体重測定、ヘソの緒を切るとこetc・・・すごい数の写真を撮ってくれて、

産声のCDやら、写真立てに入った写真やら、スナップ写真を沢山貼り合わせた写真立てやらのプレゼント!

わざわざ私が出向いて写真撮らんでもええじゃん・・・みたいな(笑)





少しの間、1号&2号は我が家でお預かりして、娘は夕方にご飯を食べに来る・・・

そんな生活になりますそうです、ちゃんちゃん。。









連休初日 2011年09月23日 日常





もうね、常にご飯作ってる感じ

普段から多人数で食べることの多い我が家・・・

イベント続きの今月は特に多人数のことが多いです(^^ゞ

ずっとね、頭ん中「明日のご飯は何しよ~~」って感じ

作ることより、献立を考えるのが苦になります

とりあえず、明日は何もしたくない・・・ので、今日からおでんを煮込みはじめました





おでん屋さんかっ!!

13_20110923152822.jpg 



お昼ぐらい、ラクしようやぁ~~

と、ランチ

1_20110923152822.jpg 

2_20110923152822.jpg 


ランチだけじゃ終わらんのよねぇ~~

3_20110923152822.jpg 

4_20110923152822.jpg 




「疲れたぁ~~、夜も作りとうないぃ~~、お好み焼きにしよ~~」


画像なし・・・






で、おでん食べる前からニオイで飽きたぁ~~~~~




あ、、、、、、、、明日のお昼ご飯は考えてなかった!!!





でぃなー 2011年09月22日 日常





産院にて「お祝いディナー」

近年の産婦人科って、素晴らしいサービス・・・


1_20110922210713.jpg 




生後3日目

日々コロコロと顔が変わるので飽きんねぇ~~


3_20110922210712.jpg 



完璧に「おもちゃ化」されてる3号

2_20110922210713.jpg 





3兄弟、いったいどんな事になるのやら・・・・・・・







まみぃルール 2011年09月21日 日常





~ばばんちのまみぃんちの決まり~


☆ 玄関を入る前にポケットをひっくり返して砂を出す

☆ 玄関で汚れた足を拭く

☆ 帰ったら、うがい&手洗い

☆ 宿題と翌日の準備は速やかに

☆ ご飯の時は絶対にテレビはつけない

その他色々、当たり前のようでなかなかできない事を実践中


ご飯食べる時には特に口うるさいです

「箸持ったままお茶飲むな!肘つくな!お皿は持って!」etc

娘のいうことは聞かないらしいけど、なんたって、ばばんちのまみぃは怖いけぇ・・・



食事の時に学校のあれこれを話してくれるのでお孫たちとの会話が増えました

夫との会話は減りました(爆)

いや、ほとんど話してない気が・・・・・




午後9時には消灯

さて、私はこの時間からゴソゴソ・・・

明日の朝はホットケーキにしましょ~~~

12_20110921223925.jpg 


あ、あたしは1人で悠々と寝ております

そんぐらい許されるよねぇ~~~

一緒に寝る役は出張時以外はじじなので・・・






A new life 2011年09月20日 日常





本日の朝、我が家に3番目のお孫が誕生

3772g・53cmのBIGBABY

元気な男の子です


1_20110920140500.jpg 

6_20110920215808.jpg



とりあえず、親バカ・爺婆バカ姿

5_20110920140500.jpg 

3_20110920213842.jpg 



1番メロメロなのはこのお2人さん

2_20110920213928.jpg 



って・・・・・全員メロメロです(笑)

7_20110920220746.jpg 




「ママにあげるお花をさがす」と雨の中を庭でウロウロ

ざんねんっ!!、うちには花がありません・・・

2人のおこづかいでお花を買いました

4_20110920213842.jpg 




この20日の間に、人の生死に立ち会うなんて・・・

忘れられない夏の終わりになりました




さぁ、ますます忙しくなる「ばばんちのまみぃ」

e(^。^)g_ファイト!!







孫育て 2011年09月17日 日常






もうね、子育てのことなんて、忘却の彼方なわけですよ

普段遊びに来てるのとは違ってるわけですよ





w(゜o゜)w オォー、そうじゃったそうじゃった・・・

週末は上履きを洗うんだったよな

1_20110917134646.jpg 


w(゜o゜)w オォー

給食着もあったよな

2_20110917134646.jpg 



3号はまだ生まれず、娘は昨日いったん帰宅

「3泊のプチ旅行行ってきた感じじゃ~~」って・・・

4日も陣痛と闘って、気の毒なこと(x_x;)



今まで、多分、気力のみで過ごしていた私、この時点でダウン

っつうか、私、入院すべきだった時期に母のあれこれがあったわけで・・・

葬儀後に「病み上がりだってことを忘れないように」と釘さされてたんでした(^^ゞ

んがっ!!ここで寝込んでられんので、即、病院へ!!

「ま、これだけ色々あったんだから、簡単にいうと神経疲労と過労です」だってさ





みんなで、娘のお腹に向かって「早く出ておいでぇ~~」と声をかけています

いや、まじ、早くお出ましにならんと、今後の予定が・・・

私、今日だけは休息させてもらって、明日からまた頑張りますっ(^_^)V










生まれ・・・ 2011年09月15日 日常




「生まれそう・・・」ってことで、一昨日から入院した長女

育児休暇をとって付き添う婿

合間をぬって様子を見に行くばばんちのまみー

またまた一家総出の大事業

15日、午後3時現在、陣痛3日目にしていまだ生まれず・・・


7_20110915151749.jpg 




なにが大変って、あぁ~た!!

悪童たちは我が家に滞在中

宿題を見てやって、連絡ノート書いたり、おやつ食べさせて、ご飯食べさせて・・・

あたしゃ、ほんまに頭が溶けてしまいそうなわけで(ーー;)

8_20110915151749.jpg 

10_20110915153951.jpg



元気に「行ってきまぁ~~す」

9_20110915151748.jpg 



お友達が遊びにきたり・・・

普段と変わりなくというより、普段より満喫してる感ありのお孫たち

11_20110915153951.jpg 



ってなわけで、自由時間がま~~~ったくないあたしでございます

明日の朝は、当番で学校の門の前に立たなくちゃだし・・・

来週は社会見学のお弁当も作らなくちゃだし・・・

ひぃぃぃぃぃ~~~~~~ん




がんばれ、娘&あたし!!




月にうさぎに団子 2011年09月12日 日常





ひ~~っ、今日は中秋の名月だったんですねぇ~~

頭ん中からぶっ飛んでました

スーパーで団子汁の試食のおばちゃんインストラクターさんに言われて「はっ!!」

なんでも、今年は6年ぶりの満月だとか・・・


4_20110912222448.jpg 



昨年、お孫たちに耳を壊されたうさぎ・・・を、慌てて出しました

6_20110912222446.jpg 



お団子汁、間に合わず・・・

取り急ぎ、お団子買いに走りました

5_20110912222447.jpg 




ススキは間に合わず・・・・









脳がウニ 2011年09月11日 日常





人がね、亡くなるっちゅうことって、ほんまにおおごと

そりゃそうよね、生きてきた年数分の始末(言葉悪いけど)は、そう簡単にはいかんよぉ~ねぇ~

わかっちゃいたけど、改めて、痛感中

お骨だって、「ほいっ!」とお墓に放り込みゃええってもんじゃないし・・・

あれやらこれやらの諸手続きだの、仏事の手配だの、

妹も私も脳ミソがウニウニ状態でございます

ふだん使うことのない神経回路を使ってるんで、頭はちきれそうでございます

んがっ、「終わり良ければ全て良し」な状態にしてあげないとって一念を持って奮闘中






同時進行で、いつお出ましになっても良い状態のNEWお孫を迎える準備

1_20110911153521.jpg 




母が古い布団を仕立て直して、次女が生まれた時から使ってます

布団カバーは、次女が小学生の時に使ってたもの

何でもかんでも、ぽいぽいっと捨てる私だけど、こういう物はとってるんだよね

2_20110911153521.jpg 



しばらく、我が家で過ごす1号&2号には食器を新調

3_20110911153521.jpg 



「ママんちでは許されることも、まみーんちでは絶対に許してもらえんのよ!」

「まみーんちでは、まみーの言うことが1番なんじゃけ、言うこと聞かんかったら追い出されるよ!」

と、娘がお孫たちに口うるさく脅しております(笑)





いやいや、追い出したらご近所迷惑なので、それはできまい・・・









お誕生日 2011年09月09日 日常



父が大好きだった「黄色」のお花

1_20110909182813.jpg 



・・・たら、とか、・・・れば、とかって言葉はあまり好きではないけど、

父が生きていたら83歳のお誕生日

「お誕生日おめでとう」

2_20110909182813.jpg 


父のがん発覚したのは夫が厄年の時

「○○くんでなくて、ワシで良かった」と言った父

いま、私たち、娘婿にそう言える境地に達してるだろうか??

父の言葉、今じゃ、夫への最大の脅し文句(笑)



娘も婿も、事あるごとにそれぞれにお墓に行ってる様子

形に捉われず、思い出すことだけでいいよ・・・

と、娘たちにお墓とお仏壇の心配をさせないように口を酸っぱくして言ってるけど、

良いんだか悪いんだか、気になるようです









お誕生日ラッシュ 2011年09月07日 日常




7月に続いて、9月もお誕生日ラッシュ



お通夜の日に長女が31歳になり、通夜ぶるまい最中に♪ハッピーバースデー

初七日の今日は次女が27歳に・・・

次女はツボを心得ております

毎年「ママは素敵!生んでくれてありがとう!」とメールしてくれます(笑)

あぁ、あたしはこんな歯が浮くようなこと、母に言ってあげてないわぁ~~

親戚みんなに「お誕生日おめでとう!」と祝ってもらった2人

w(`o`)w Oh My God!!

長女のバースデー写真、実家に置いてきたノートパソに入れっぱなしじゃわ(・_・、)



本日27歳の次女

わたしは29歳・・・あれれ??

1_20110907230823.jpg 

明後日は亡父のお誕生日

そして、もうすぐ誕生するNEWお孫

あぁ~~、嬉しい悲鳴~~、いや、お財布が大変な悲鳴~~っ!!





***********************************



このたびの母の訃報は、私も妹も知人・友人には知らせませんでした

葬儀が終わってから知らせた母の四女のような悪友@滋賀は、電話で大激怒&大号泣

ちなみに三女はお冨ちゃん・・・三女が「みんなに知らせようか?」というのを阻止したのは長女の私

長女の権限、すごいから(*^.^*)エヘッ

帰省の際には、そっとお見舞いのお花を届けていてくれた悪友

電話の向こうでヤケ酒飲みながら私に悪態つくわつくわ・・・

「もぉ~~っ、なんでお母さんに会わせてくれなかったのよ~~っ」

「お母さん、いつも美味しいご飯食べさせてくれてたのに、もう食べられないじゃないの~~っ」

一生、私に悪態つくと宣言しとりました(ーー;)

ひたすら、母との想い出を語った真夜中の数時間

大阪にいる友人も母のことを「広島の母」と慕ってくれて、ほんまに母はすごいわ!

みんながそれぞれに母のことを想ってくれてるようで、何よりの親孝行だわ・・・

って、あたしゃ、いったい何人の妹がいるんだ?(笑)

たまには、私の面倒見ろよ~~っ!!だわさ






ってな日々で、わたしは元気です、大丈夫ですよぉ~~~

まだまだ仏事はたくさんあるけど、粛々と務めつつ、遊びますわよぉ~~~

NEWお孫誕生の日までっていう期間限定だけどさ・・・

色々と役目を果たしたら、ISLANDへ行って帰ってこないかもしれないんで、そこんとこよろしく








旅立ち 2011年09月06日 日常



母のことを書いた翌日、まみー母は父の元へと旅立ちました

9月3日に無事に葬儀を終え、母は小さくなって自宅に戻りました

人が亡くなった後の大変さは父の時に経験していましたが、やっぱり、大変です、日々泣く暇もなく時間が過ぎています

1_20110906102612.jpg




小さな覚悟を積み重ねてきた月日は長かったけど、本当の覚悟というのができて約1ヶ月

医師からは何も告げられてないけど、日々自分の目で見る母の小さな小さな変化にその日が近いことを感じていました

朝早くから夕飯の支度をして「今日はずっと病院にいるから、先にご飯食べてね」と、夫に言ったことも、

なんとなく、「今日は早く病院に行こう、今日はずっと病院にいよう」と思ったのも虫の知らせだったのかな?

長い闘病のわりには、うそぉ!な逝き方でした

「おかあさん、おはよ~」と声をかけても返事がなく、その時点で家族全員に連絡しました

「おかあさん、おはよ~、おかあさん、おはよ~」という私の声に、何とも表現しにくい目つきで私を見つめ、再び目を閉じた時に逝ったと思います

自分が逝くときに、自分の大好きな♪トロイメライ(シューマン)♪を聴いているなんて、本当に母らしい逝き方です

あっぱれ!です

私が病院に行ってほんの20分間の出来事でした

超短時間のうちに家族が揃いましたが、母の猛スピードには、みんな負けてしまいました




私自身が固く決意していた挨拶、母が1番褒めてくれてると思います

『本日は母の為にお越しいただきありがとうございます

母は一昨日9月1日午前11時26分に78歳の生涯を終え、父の元へと向かいました

この10年、十数回の入院、数回の手術と、病と縁が切れることがなく、最後の入院生活は1年9ヶ月におよびました

昨年3月には「いつ何があってもおかしくない状態の肝硬変末期」と診断され、6月に療養型の病院に転院しました

この病院での看護はとても手厚く、母娘ともに「ありがたいね」と、いつもいつも言っておりました

今年の1月には重篤な状況に陥りましたが、奇跡的な回復をし、つい最近まで院内を散歩したり、

大好きな刺繍をしたりと、「これは、まだまだ生きられるんじゃない?」と思っていましたが、やはり母の体にも限界があったのでしょう

ここ3週間、食事を摂る事ができず、私たち姉妹が持っていく果物やカキ氷を「おいしいねぇ、おいしいねぇ」と食べる日々が続きました

一昨日も母が待っているだろうと、いつも行く時間より少し早めに病院に行き、いつものように「おかあさん、おはよう!」と声をかけましたが、返事もせず、目も開けてくれませんでした

何度も何度も「おかあさん、おはよう、おかあさん、氷食べよう!」と声をかけると1度だけ目をしっかり開け、私を見つめました

その後20分くらいの間に、大好きな音楽を聴きながら、本当にあっという間に、本当にあっけなく逝ってしまいました

私が行く1時間前まで「もうすぐ娘が来る」と普通に会話をしていたそうです

まるで私が来るのを待っていたかのような旅立ちでした

亡くなる前日の夕方に、母と妹と私が揃って談笑したのが水入らず最後となりました

ここ最近の昼間に私と話す母は、体はしんどそうでも、心はとても穏やかで

「私はね、もうあんた達娘に何もしてあげられなくなったわ、迷惑ばっかりかけるから、そろそろ逝ってもいいんだけどねぇ」

と、言ったのも亡くなる前日でした

「ほんとに娘を持って良かったわ、ありがとね、ごめんね」という言葉も口癖になっていました

母からの感謝の言葉を遺言としてもらった私たち姉妹は幸せです

礼節、しきたりを重んじていた母が恥じないよう、母をきちんと見送ることが最大で最後の親孝行だと思います

生前の母は、病院通いをしながらも友人のご縁のもと、旅行に行ったり、趣味の生け花や絵手紙、刺繍、唱歌を楽しみ、充実した日々をおくっていました

父亡きあとに生まれた曾孫2人と遊ぶことも楽しみに加わり、もうすぐ生まれる3人目の曾孫には会えませんでしたが

これも「生まれたら、あんたが忙しくなるねぇ、大変だねぇ」と心配してましたので、母が私を気遣って気をきかして先に逝ったのでしょう

母は喪服を着て旅立ちの準備が整いました

「おかあさん、ありがとう、行ってらっしゃい」

本日は母の旅立ちを見守って頂き、ありがとうございました

今まで陰に日向に母と私たちを支えてくださった皆様、本当にありがとうございました』





人が亡くなるという事がどんな事なのかを目の当たりにしたお孫たち・・・

特に1号は通夜のあとで泣いて泣いて、普段の悪童っぷりはどうしたんだ?ってな落ち込みようでした

「おばあちゃんは、みんなが楽しいのが大好きだったでしょ、笑っててあげないと」と、夫の説得にやっとご飯を食べることができるほどでした

母は逝ってもなお、様々なことを遺してくれたと痛感しました

教科書では学ぶことのできない事を曾孫に教えてくれた気がします

葬儀での私の挨拶のあとに、お孫たち2人が短い短い弔事を、泣きじゃくりながら述べました

『おばあちゃん、ありがとう、行ってらっしゃい』

喪服を着付けてもらった永遠の眠りについた母は、それはそれは凛として我が母ながら素敵でした

先に行って待ってる父が惚れ直したと思います

大好きな花に囲まれた会場で、生前に自分で決めた遺影を飾り、母を想って来てくださった愛すべき多くの方に別れを惜しんで頂き、

亡くなってからもずっと枕元で流していた♪トロイメライ♪をお焼香の時にも流してもらい本当に良いお式でした

私たち姉妹は「おかあさん、ありがとね、行ってらっしゃい、バイバイ!」と何度も何度もお別れを言い、悔いはないです

今のとこ・・・

葬儀の後で、私と妹以外の家族は父のお墓に行きました

各々「もう会えた?」「よろしくね」と同じようなことを想いながら報告したようです





母の偉大さ、母の器の大きさ、母の品格・・・亡くなってから痛感しています

母の仏前に、ひっきりなしにお参りに来てくださる方々から、私たち娘の知らない母の他人様への関わりを聞かされ

「へぇ~っ、おかあさんって、すっごい善い人じゃったんじゃねぇ~」と妹と笑っています




母が最後に私を見つめた眼差しが忘れられなくて、お寺さんにお話したら・・・

「それはね、貴女を目に焼きつけたんですよ、ありがとう、そして、頼むよ!と託されたんですよ」

「お母様は、もうお父様と会われて貴女たちの傍にいらっしゃいますよ」

とのことでした。

あぁ、おかあさんってばぁ~~~、また私~~(笑)




葬儀を担当してくださった方に「年に100件くらいの葬儀がありますが、稀にみる心温かいお式で、僕が泣きました、プロ失格です」と言って頂いたり

参列してくださった方に「立派な葬儀で、お母さんは喜んでるでらっしゃるわ」とお褒め頂きました

これは、決して、私たちが褒められているのではなく、母が褒められているって事なので、最後にちょっと親孝行できたかなぁ~

ね、おかあさん・・・




明日は初七日

これから淋しいけど、泣いてちゃ母に怒られます

「行ける時に、行きたいと思うとこに行きなさいね、、趣味を持ちなさいね、しっかり楽しみなさいね」

「誰かにしてあげたい事、尽くすことをしなさいね」も、母の遺言です

喪に服して、悲しい毎日を送っていたら母に怒られます

もうすぐ、わたし、3人のお孫持ちになることだし、体力つけて頑張りますっ!!







 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。